Tシャツに入れたい英語の文

クラスTシャツにカッコいい英語の文をいれたい

クラスTシャツにカッコいい英語の文をいれたい 体育祭などの学校行事で着るクラスTシャツを作る時に、カッコいい英語の文を探している方にお勧めなものがあります。
王道的なところでは「Do your best、ベストを尽くせ」「Never give up!!、絶対に諦めない」などの文がありますが、英語の表現は長くて難しいものだと見ている人がきちんと読めず、制作者の意図が伝わりにくい場合がありますので、とにもかくにも誰にも分る簡単な表現を使う事が大切です。
クラスの一体感を表わすものとして「One for all all for one、1人は皆の為に皆は1人の為に」という文にも人気がありますし、「Forever friends、ずっと友達」などのシンプルな言葉にも卒業後にも長く続く良い友情を表現するものとして多くの学校が採用しています。
外国映画のタイトルや特定の人物を特定する文言には、一部著作権や肖像権に触れる恐れのあるものがありますので、事前にきちんと確認をして、必要があれば使用の許可を取ってから作るようにして下さい。
良い案が浮かばない場合でも、クラスTシャツの制作を取り扱っているプリント会社には良いテンプレートがありますから、それを使って作る事も可能です。

クラスTシャツの言葉についての検索結果

クラスTシャツの言葉についての検索結果 文化祭や体育祭などでお揃いのクラスTシャツを作る時に必要な言葉について、ネット検索をすると次のような言葉が出て来ます。
まずはクラスの一体感やその行事に掛ける思いを表現した「一致団結」「先手必勝」「初志貫徹」など言葉が出て来ます。
見た目にカッコいい英語表記では「Never give up! 絶対に諦めない」「One for all, all for one 一人は皆の為に、皆は一人の為に」「Yes,we can やれば出来るんだ」などの言葉があります。
面白い表現を好むクラスでは「放課後から本気を出す」「諦めの境地」「地味に本気」などの言葉を使っているようです。
いずれの表現にも著作権への配慮が欠かせないので、既存の言葉や表現を使う場合は必要に応じて権利者の許可を取るように気を付けましょう。
クラスTシャツは自分達のものですが、他の参加者や見学者のいる中で着用する場合には、それらの人に不快な思いをさせないよう最低限の気遣いだけは忘れないようにしなければいけません。
悪ノリが過ぎると返ってしらけた感じにもなりますので、行き過ぎた表現には注意して検索候補を選択する必要があります。