学校のクラスTシャツに合う言葉とは?

体育祭のクラスTシャツに書いてある言葉で、爆笑した言葉

体育祭のクラスTシャツに書いてある言葉で、爆笑した言葉 高校生の時の体育祭のクラスTシャツは爆笑しましたね。
高校一年生の時のクラスTシャツは、黄団だったためポップなイラストが描いてあるものだったのですが、だれがデザインを考えたのか、お相撲さんの名前を紹介するような筆太文字で「死ぬ気でやれ!死なないから!」と書かれていたのはアンマッチすぎて着るのが恥ずかしかったです。
しかも背中に「押忍」とも書かれていて、何を目指していたんだろうと今でも思います。
高校二年の時はまともだったので安堵しましたが、高校三年のが一番ひどかったですね。青団だったのですが、青地の表に「俺たちのミッドナイトステージ」、「独壇場べいべー」…。
まず体育祭は昼間なのに夜にステージするのか…そして独壇場ベイベーとは…と混乱する言葉が、女子高校生の丸文字みたいな字体で白ででかでかと書かれていた時は、さすがにジャージをきて隠していましたね。
この前押し入れから引っ張り出しましたが、今となっては爆笑する思い出の品です。

学校のクラスTシャツに合う言葉とは?

学校のクラスTシャツに合う言葉とは? 学校の行事などでお揃いのクラスTシャツを作る場合は、クラスの一体感やその行事掛ける意気込みや目標、見ている人からも共感の得られるような言葉が良いとされています。
クラスが一丸となって進む様子を表現したい場合には、「One for all all for one、一人は皆の為に 皆は一人の為に」「Do your best、ベストを尽くせ」などの言葉が用いられ、それに向けた熱意を表現したい場合には「一球入魂」「無我夢中」などの言葉が好まれています。
見ている人にも感動を与えるような表現としては「手に入れたい夢がそこにある」「きら星の如くこの一瞬を掛け抜ける」などの言葉が使われています。
その時々の流行りのフレーズを使う場合もありますが、一部には著作権に触れる恐れのあるものがありますので、出来る限りはオリジナル、もしくは著作権使用の許可を取って使うようにして下さい。
学校で使うクラスTシャツの場合は、プリント会社に注文する時に学割のサービスを受けられる事があるので、少ない予算で良いTシャツを作りたい時にお勧めです。